カテゴリー別アーカイブ: Operation of JQ1ZOR

【報告】2016年度通常総会

2016年4月12日(火)夜、都内某所にて「無法協」2016年度通常総会が開催されました。北は福島から、南は広島、鹿児島から、総勢20名という多数の会員が集まりました。

伊藤会長の挨拶に始まり、自己紹介では、会員各位の無線通信への親しみが披露されました。DXCC250カントリーを超えるDX通信、中高時代に学校に泊まり込んだ思い出、上級資格の取得、法律実務との関わり、海外運用等々、実に多種多彩なご経験を伺うことができました。

総会本体では、報告事項に続き、2016年度予算をご承認頂きました。2016年度事業計画については、年2回(4月の通常総会と秋の行事)の「定例行事」を軸に、定例外行事を絡めることにつき、ご承認を頂きました。定例外行事として、「東京以外の会員が上京された際の交流会」が承認されました。「(仮)電波法令研究会」については、電波を巡る法律問題については実に多種多様なものがあるとの指摘があり、具体的な研究会高層に向けて盛り上がりました(その後もメーリングリスト上で議論が続いています)。事業の進め方、今後の行事等については、理事会で議論することとなりました。

第2部(2次会)は某高層ビルにて行われ、無線談義に花をさかせました。話が弾んで社団局(JQ1ZOR)運用は1局との交信にとどまりましたが、「法律家の無線クラブですか?珍しいですね!!」と驚いていただけました。

第1回無法協研究会&実質的に初運用

2015年7月21日夕刻、都内某所にて、大先輩弁護士の陸軍におけるご体験を伺う「第1回無法協研究会」を開催しました。「トン・ツー」を語呂合わせで覚えさせられたこと、無線機の性能が悪く、戦闘機と陸上の音声による無線通信は難しかったこと等、無線趣味的にも大変興味深いお話を伺うことができました。

その後、22時ころより、千代田区丸の内の高層ビル上層階から、JQ1ZOR/1の運用を行いました。これまで、クラブ員同士、見える範囲での運用だけでしたから、実質的に「初運用」といえましょう。430MHz帯にオンエアし、30分ほどで10局の方々と交信することができました。お呼び下さった方、ありがとうございました。

DV Access Pointを運用しました。

昨日(2015年4月4日)、井の頭公園にて、デジタルモードD-Starのアクセスポイントである「DV Access Point」(http://www.dvapdongle.com/DV_Access_Point_Dongle/Home.html )を使って、JQ1ZORを運用しました。周波数は430.82MHzです。DV Access Pointは10mWの小さな無線機で、PCに接続しインターネット経由で海外のD-Starレピーターやリフレクタにアクセスできる環境を提供できるものです。昨日に限らず、ときどき、杉並区(荻窪周辺)にて実験的に運用しています。